Cloud Native Computing Foundation(CNCF)標準によりサポートされたテクノロジーを活用することで、Aerospikeは、他のデータベースのクラウド展開に伴う複雑さ、コスト、ベンダーロックインを排除します

使用前にご質問はありますか?

メリット

クラウドデプロイの加速

Aerospike Cloud Foundationsでは、複数のクラウド環境にわたり標準的なツールを使用して、お客様が所有するAerospikeのDBaaS(サービスとしてのデータベース)の開発、管理、そして自動化を加速することができます。

標準化

Aerospike Cloud Foundationsは、Prometheus、Grafana、KubernetesなどのCNCF標準を基盤として構築されているため、あらゆるクラウド環境において、Aerospikeデータベースのデプロイ、管理、監視が簡素化されます。

イノベーションと競合優位性

Aerospike Cloud Foundationsは、開発オペレーションのコストを大幅に削減すると同時に、大切なリソースを開放して競合優位性を促進するイノベーションへのさらなる投資を可能にします。

柔軟なデプロイ

Aerospike Cloud Foundationsによって、あらゆるクラウド環境におけるAerospikeの容易なデプロイと管理を可能にする柔軟性がもたらされます。当初からのGCPおよびGKE環境の最適化に加え、今後、新たなクラウドプラットフォームのサポートが予定されています。

Aerospike Cloud Foundations

Aerospike Cloud Foundations

機能と特長

Google Kubernetes Engine(GKE)およびGCPは、以下の機能を利用しています:

Kubernetes Operator:

オペレーションドメイン知識をカプセル化する、カスタマイズされたAerospike専用のKubernetes API拡張機能。

Helmチャート:

Helmパッケージマネージャを使用し、Kubernetes環境でAerospikeクラスタのデプロイを実現。

Prometheus:

Aerospike Enterprise EditionおよびAlertmanagerコンフィグ用のカスタムエクスポーターを経由した、この監視/アラートソリューションとの統合機能。

Grafana:

Aerospike EE Prometheusエクスポーター用のカスタムダッシュボートを通じて、Grafana Labsのオープンソース可視化プラットフォームを統合。

Aerospikeを使い始める

使用前にご質問はありますか?